今からでも遅くない!誰も教えくれない危険なスマホ電磁波対策とは?

ども、院長です。

当院は携帯電話の電源をお切りいただくことになっています。

正確な診断を妨げることになるからです。

よろしくお願いします。

 

ということで

 

スマホの有害性についての記事です。

 

こちらの記事を転載。http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/438023728.html

ぜひ、参考にしてみてね。

 

今からでも遅くない!誰も教えくれない危険なスマホ電磁波対策とは?

スマホ電磁波.jpg

日頃、何気なく使っているスマホですが、耳につけて話し続けることがとてつもなく体に悪影響を及ぼしているだけではなく、最近では認知能力や感情、行動など脳の機能そのものにも影響をもたらすことが分かってきました。

3G携帯から発する電磁波に関する医学的研究による実験によると、3G回線の電磁波が脳に与える影響は、(例えば15分間耳に当てて電話していたら)脳波が乱れた状態で広がっていくことが明らかになりました。4G、LTEだともっと凄いのでは…

スポンサーリンク

脳波が乱れるほどの電磁波を浴びる恐怖

実験では、健康な女性31人に参加をしてもらい、3G携帯電話を耳に当て脳波を記録していく調査を行いました。すべての実験は二度実施して結果を測っています。

すると、脳波測定でα波、遅いベータ波、高速ベータ波、ガンマ帯に著しい電磁波放射線の影響が見られました。

この実験結果は誠に恐ろしい事実を伝えており、スマホや携帯電話の使用は、ドラッグのように違法性があり脳への影響を誰もが危険視されている物とは違い、誰でも(子供でも!)容易に買うことができ、自ら脳に恐ろしい電磁波を当てて破壊活動をいていることを意味しているのです。

携帯電話、スマホの本当の恐ろしさは、計器に問題を起こす飛行機の離着陸や病院の使用禁止ポリシーから分かるように、電磁波の対策を何も考えないことがどれだけ問題があるか理解しなくてはなりません。

今回脳波の影響まで指摘されたことは、本当に恐ろしく絶対軽視できないことです。

電磁波の影響などで継続した脳波の乱れが人間に引き起こす問題は多々ありますが、特に指摘されているのは、

認知能力・記憶障害、慢性不眠、強いストレス、うつ病、脳腫瘍

人間の心と体をコントロールする脳への影響たるや本当に想像を絶するものだと思った方が良いでしょう。

知ってました?電磁波でもいろいろあって、スマホから発する電磁波はマイクロ波といわれ、電子レンジと同じで最も強い電磁波エネルギーを出す機器なのです。しかも対策のないままだとこの強い電磁波は人間の体に吸収されちゃいます。

maicrowave スマホ.jpg

国際的脳外科医からは、スマホ通話は、❝ 電子レンジで脳を料理してるのと同じこと ❞ と揶揄される程です。

その人体に吸収される電磁波熱量の基準値をSAR値として設定し、各携帯電話会社がガイドラインに従い販売をしてます。しかし!スマホの代表でもあるiPhoneなんかも、実は耳から最低1.5cm話して通話する内容の説明書があり、それではじめて安全となるガイドラインな訳ですよ。

まともに店頭で説明を受けたり、説明書を読んでいる人はどれくらいいるのでしょうか。

今すぐ行動を!超危険スマホ電磁波5つの対策を紹介

 

ココまで転載です。

 

今すぐ行動を!超危険スマホ電磁波5つの対策紹介は

http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/438023728.htmlで検索です。

 

iPhoneにイヤホンが付いてくる理由はこういうことのためです。ぜひ、通話はイヤホンを使用しましょう。