アルツハイマー病の最大の原因が「ストレス」である可能性がアイルランドの大学の研究により突き止められる

ども、院長です。

 

脳の事を色々調べていたらアルツハイマー病、物忘れに改善には

香りが有効だという記事が出てきました。

 

ネット記事から転載

出典元https://indeep.jp/revealed-ground-zero-of-alzheimer-disease-begins/

以下

 

「認知症は20代から脳内で進行している」:アルツハイマー病の「脳での最初の発生部位 — 青斑核」が初めて特定され、その損傷が数十年の時間と共に病気を形成し続ける可能性

      2016/03/06

Locus-CoeruleusDaily Mail

 

数日前、アメリカ国立衛生研究所が資金を提供する研究によって、「アルツハイマー病の芽が最初に現れる脳の部位」が特定された可能性についての発表がありました。

それは脳の「青斑核(せいはんかく)」という場所(上の図)なんですが、場所はともかく、その研究によれば、その部位に最初にアルツハイマー病が脳の中に現れるのは、予想していた以上に「早い段階」だという可能性があり、その青斑核という部位の損傷(青斑核は、毒素や感染症に対してとても弱いのだそう)は、老年以前の数十年前から続いている可能性が強いのだそう。

これはつまり、たとえばですが、「アルツハイマー病は 20代(あるいはそれ以前)などから始まっている可能性がある」ということを意味することになりそうです。

今回はそのことを取り上げたアメリカ科学振興協会の記事などをご紹介したいと思います。

なんといっても、自分自身が若い頃、わりと長くベンゾジアゼピン系の薬を飲んでいたり、あるいは体が弱かったこともあり、いろいろな薬を飲んでいたわけで、おそらくは、私自身、その「青斑核」とかいう部位が損傷を受けている可能性は「大」だと思うからです。

やっばりねー、なんだかんだ言いましても、認知症は避けたい・・・という思いは強いです。

 

あらかじめ決まっていたかもしれない「認知症の地球」

アメリカでもヨーロッパでも、あるいは多くの国や地域で認知症、特にアルツハイマー病の増加は社会での大きな問題となっているのは同じようで、今では英語のニュースを見ていると、毎日…は大げさかもしれないですが、それと準じるくらいに、Alzheimer (アルツハイマー病)と出ている科学系報道の見出しを見ます。

認知症の壮絶ともいえる増加に関しては、たとえば、日本の場合ですと「超高齢化社会なのだから仕方のない面がある」というように言われることがあります。

確かに、日本が超高齢化社会ではあることは事実なのでしょうが、「数値」などを見てみますと、「高齢化社会だから」という理由だけでは理解できない様相に気づきます。

たとえば、下は、厚生労働省の 1996年から 2011年までの 15年間の「アルツハイマー病の患者の推移(■の色)」と、「アルツハイマー病以外の認知症患者の推移(■の色)」を示したものですが、アルツハイマー病のほうの増え方は「 15年間で約 18倍の増加」ということになっています。

Alzheimer-Japan-2011・厚生労働省

 

いくらなんでも、高齢者の数そのものが 15年間で 18倍になったというようなことはないですので(未来にはあるかもしれないですが)、この 20年間くらいのアルツハイマー病患者の増え方は、「高齢化」という枠を越えた「異常事態」だといえる気もします。

日本も深刻ですけれど、アメリカでのアルツハイマー病の増え方は尋常ではないことも最近示されていることなどは、過去記事、

私たちを含む多くの人類の松果体はフッ素による石灰化により、すでに「永遠の機能停止」に陥っているかもしれない
2015/02/03

などでグラフなどを載せさせていただいたことがあります。

アルツハイマー病などでの神経性疾患での死亡者数の国際比較

alz-2009b-s3rou5.biz

 

なお、上の記事では、多くの国で水道水などに添加されている「フッ素」と、脳にあります「松果体」との関係についてふれています。日本は水道水にフッ素は添加されていませんが、歯磨き粉などには多く添加されています。

そして、フッ素が「歯」に良いか悪いかは置いておいて、「脳」への影響となると、「アルツハイマー病の人の松果体がリンやフッ素化合物などの堆積により石灰化している傾向」があることを記しました。

Pineal gland – Calcification(「松果体」の英語版Wikipediaの翻訳)

松果体の石灰化は、特に高齢者で、多くの場合、頭蓋のX線で見られる。

この松果体の石灰化は成人では典型的なものだが、2歳児などの年齢の低い児童たちで観察されることもある。

石灰化の比率は、国により大きく異なるが、加齢と共に増加していく。アメリカでは、過去 17年間で約 40%の人々に石灰化が発生したと推測される。(略)

最近のいくつかの研究では、アルツハイマー病や他の認知症において、松果体の石灰化の程度が非常に高いことを示した。松果体の石灰化はまた、アルツハイマー病の病因に寄与し得る、結晶化阻害剤の非存在とも関連していることを示す。

松果体中のカルシウム、リン、フッ化物の堆積物は、脳の年齢と比して、より多くの堆積物を集めることを示し、加齢と相関している。

松果体というのは、脳の中で最も多くの血流を受けるところで、さまざまな物質が常に通過していく場所のため、年月とともにいろいろなものが堆積していってしまうもののようです。

冒頭のほうに、私が若い頃からベンゾジアゼピン系のメンタル薬や、あるいは、もともとが鎮痛剤や抗生物質などの「薬大好き」人間でしたので、相当な量の西洋薬を飲んでいた人生だったわけですが、私の場合、この「松果体」も、今回ご紹介する「青斑核」も、どちらも損傷、あるいは石灰化していると思うのですよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ここまで引用

 

においと記憶には密接な関係があり、五感の中で嗅覚だけが海馬や扁桃体と直結しているので

物忘れ改善には香りが有効らしいです。

40代の主婦が物忘れがひどくなり

毎晩寝る時にあることをおこなった所、半年後には物忘れが治ったとか。

詳しく知りたい人は続きをこちらのサイトでどうぞ。

http://indeep.jp/revealed-ground-zero-of-alzheimer-disease-begins/