なぜ富裕層は代替医療に走るのか―現代医療を避ける理由

なぜ富裕層は代替医療に走るのか―現代医療を避ける理由

alternative-medicine-doctor.jpg

 

あなたは本当の事を知っていますか?

 

もしかしたら『洗脳』されているかもしれませんよ。

西洋医学の流派には、心理療法(サイコセラピー)、整骨療法(オステオパシー)、自然療法(ナチュロパシー)、同種療法(ホメオパシー)、逆療法(アロパシー)の5種類がありました。今日は、その一つであるアロパシーだけが「西洋医学」となり、これ以外の流派は「非合法」となっています。

つまり、日本では、合法的な医学と言えば「対症療法」(アロパシー)であり、これ以外のものは原則として「非合法」であり、最近は「代替療法」(だいたいりょうほう)と言われています。アロパシーとは「病気の症状とは逆のことをやる」と言う意味です。つまり、血圧が上がれば、下げる方法を考える、熱が上がれば、下げる方法を考える、咳が出れば、止める方法を考える、単純そのもので、恐ろしく幼稚な療法です。なぜ、血圧が上がり、熱が上がり、咳が出るのかをまったく考えないものです。

簡単な例を風邪で見ていきましょう。風邪の症状は、熱が上がります:これはウイルスは熱に弱いので体温を上げて悪いウイルスを排除しようとしています。咳・痰が出ます:これは体内の悪い物を排出しようとしています、つまり、風邪をひきくと自然治癒力が作動して治癒するための活動(症状)が自然に発生してきます。ですから、このまま排出活動を継続していけば風邪は根治されます。(医師は風邪に効く薬はないことを知っている、でも、患者は風邪に効く薬があると思っています。風邪に効く薬が発明されればノーベル賞モノです。)そのためには、自然治癒力を高めてあげれば良いのです。あらゆる病気の症状は、この自然治癒力の発生です。

しかし、アロパシーは、この自然治癒力に逆らい、熱を「解熱剤」で下げ、咳を「咳止め剤」で止めてしまいます。そうすると、一時的に症状は和らげますので患者は「治癒した」と錯覚します。実際のところ、ウイルスは体内に残り、異物・毒物は排出されないまま残留していますので、いずれ、再発したり、他の病気を患うことになります。さらに、折角、発動した「自然治癒力」の活動を阻止してしまうので自然治癒力が少しずつ低下していきます。

これが、新たな「病気」に繋がります。つまり、アロパシーは自然(治癒力)に逆らい、自然治癒力を低下させ、次から次へと病気を患うという悪循環を作り出します。

 

 

代替医療の利用が富裕層に多いことが意味するものは?

現代医療に使われる薬の多くは、世界の大富豪である大財閥ロックフェラーが設立した「ロックフェラー医学研究所」の現代医学教育システムから始まっています。現在は、彼らの金融(金貸し)を通じて世界の大手製薬会社の大株主となり、彼らの支配する石油を使って薬が開発・販売されています。

しかし、おかしなことにロックフェラー一族は、世界の現代医療(西洋医学)を牛耳っている現実とは裏腹に、現代医療を信じず、薬は一切飲まないで代替医療のホメオパシー療法を取り入れています。

これには苦笑いしちゃいますが、そのおかげ?か、一族は長寿です。(笑)
いま、アメリカでは、このように現代医学を使わずに代替医療を使う人達が増えています

知っていましたか?

 

アメリカでは「代替医療」と呼ばれる現代医療を避けた医療法を選ぶ人は、保険に入っておらず高い医療費を払えない貧困層だけではなく、実は十分な資産を持ち、教養を受けている富裕層・エリート層が積極的であるということを。

富裕層がそうした選択に至るのは、もちろん対処療法の西洋医学の限界を感じていること(例えば様々ながん治療法や治療薬が毎年発表されても、年々がん患者や死亡者数は右肩上がりの状況である事実など)もありますが、統合医療の第一人者であるアンドリュー・ワイル医学博士の存在は外せません。日本ではイマイチな認知度かもしれませんが、アメリカでは有名な人です。

1827c3c1d2a580d40dbc9b735475e744.jpg
アンドリュー・ワイル医学博士
彼はもともとハーバード大の医学部の学生でしたが、現代医療は単なる対処療法では本当に人の体は治せないことを悟り、人間の体が奥底に持つ驚くほどの回復力(自然治癒力、細胞の再生力)があることを理解し、本質的な治癒法を追求します。

そして、心と体を含め総合的に病気の原因をみた「統合医療」を目指さないことには人は完全に治癒しないことを結論づけたのです。西洋医学の対処療法では本質的解決にならないことを世に示した訳ですね。

彼の考え方は、西洋医学によるマインドコントロールから抜けることが大事であることを暗に訴えています。

つまり、病気になったら病院にいけば医者が治してくれる、薬をくれる、という思考パターンをやめ、体に異常がでた理由を自分の責任として考え、原因を探り、人間が持っている自然治癒力を最大限活かすことをまず考えようと言っています。

また、人間の肉体は精神=心と共に存在しているので、病気を体の部位という視点で治療する西洋医療の考え方ではなく、食事、運動、睡眠、住環境、人間関係など生活の全てを総合的に捉えて対処することも重要であると訴えています。

それを踏まえて代替療法として鍼灸、漢方、ハーブ療法やアロマ療法、ホメオパシー療法などを用いて自然治癒力を最大化していくのです。

結局、病気を根本的に治すことに行き着くところは・・・

food-light-lunch-fake-outs-01-sl.jpg
アンドリュー・ワイル博士は、健康を考えるならライフスタイルの改善、とりわけ食事は少食で加工・精製食品を避けた自然のままのシンプルな食べ物を摂る食生活の重要性にも触れています。

甲田光雄先生や石原結實先生が提唱して、昔からも言われている『腹八分目で医者いらず』、それに加え、ヨガ教義では『腹六分で老いを忘れる、腹四分で神に近付く』とある1日1~2食の食べない健康法の重要性を訴えているのです。

しかし、これまでのアンドリュー博士が提唱する殆どの内容ですが、特段新しい説ではなく、東洋医学に基づく昔からの考え方なんですよね。。。結局、人間は昔からある自然の力を使った治療法に勝るものはないという結論です。

富裕層・エリート層ほど現代医療だけに任せず、自分の健康に対してしっかり向き合い、セルフケアを怠りません。彼らはお金にかえられない一番大事なものが健康だと分かっているからです。

国民皆保険制度でかつ、保険適用は基本的に西洋医療だけという日本の社会の仕組みでは、代替医療に注目が行くことはないでしょうね。

アメリカの9.11事件がアルカイダの仕業だと今でも信じている人はかなり洗脳されています。(汗)

写真、文章の一部はネット記事からお借りしました。

出典元:http://shinhakkenblog.seesaa.net/article/437281682.html