レントゲン、MRIなどの検査を受けたことがある人はココをお読みください。

■腰痛・坐骨神経について

国民病とも言われる腰痛の原因は様々です。しかし原因が特定できる腰痛は、約15%と言われています。残りの85%の腰痛は、レントゲンやMRIなどの画像を確認しても、原因が特定できないと言われています。近年、レントゲン、MRIなどの画像と痛みの原因が一致しないといわれています。 つまり画像での診断がすべてではない、ということです。世界的には常識となっていますが、まだ、日本では画像診断がすべてであるかのように説明されています。

痛みの原因は本当に骨の変形なのか?

■患者さんからよく聞く話

1.以前からひざが痛む(階段を降りるとき)、関節(軟骨)の変形があるからと言われた。

「変形性膝関節症画像」の画像検索結果

(画像はネットからお借りしました。)

2.腰が痛むので病院に行ったら背骨が変形しているから、手術しないと治らないと言われた。

「変形性腰痛症」の画像検索結果

(画像はネットからお借りしました。)

痛め止めとシップで様子を見る。

多くの方が改善されていない

そもそも、神経のない軟骨がなぜ痛む?

●関節を構成している関節面や関節円板などは軟骨である。

●軟骨には痛みを感じるセンサーも血管も存在しないため痛みを感じない。

※変形部位が悪さをしているわけじゃない。

関節に感じる痛みの大半は、関節を覆う関節包、じん帯、筋膜に異常がみられます。

これらに存在する痛みのセンサー(機械的受容器と言いますに刺激が入る状態になっていることが問題であり原因なのです。