脊柱管狭窄症

脊椎管狭窄症のこんな症状にお悩みではないですか?

  • 歩いているとだんだん足がシビレ、痛み出し歩けなくなるが、休むとまた歩けるようになる
  • 足をつまずく回数が以前より多くなった
  • 片側または両側の足に痛み、シビレがでる
  • 身体をそらすと足のシビレや痛みが増す
  • 医療機関で毎日、骨盤をけん引したり、電気治療やマッサージを受けている

本当に悩む人だけが遠方からも来院する治療院

多くの雑誌や書籍に掲載されています

※ 2015年7月現在

症状が改善した喜びの声をご覧ください

病院で手術といわれた仕事を辞めるほどの脊柱管狭窄症が改善

病院でこのままでは手術と言われた脊柱管狭窄症の女性。仕事を辞めるほどの腰痛、両足太ももの裏の痛み、両足の裏の痛みで来院。整骨院でマッサージ、ハリ治療を受けるも徐々に悪化。知人の紹介で来院されました。回復機能を向上させる目的で脳脊髄液の流れの滞りや内臓の働きを促進させ解毒作用を高め、脳の血液循環を良くする施術を行った所、約3ケ月の通院で再就職を果たしました。まずは動画をご覧ください。(音量にご注意ください)

篠原さん(40歳代)

※患者さんの感想であり、効果効能を保障するものではありません。

どんどん悪化して眠れないほどの坐骨神経痛でしたが・・・

Q1.今回はいつごろからどのような症状でお困りでしたか?

平成25年の冬頃から坐骨神経痛のような症状で悩まされていました。鍼灸院や整形外科に通うものの、原因はわからず、痛み止めの薬や塗り薬を処方されるくらいで徐々に症状は悪化。平成26の7月に、福整骨院に最初に予約した時には睡眠にも支障が出るほどの痛みがありました。

Q2.施術を受けてみてどう感じましたか?

初回の診察で先生に「原因はストレス、必ず治る」と仰って頂きました。
私の場合、6回の通院でほぼ痛みがなくなり、通院開始から2ヶ月足らずで全力疾走しても全く問題ない状態にまで回復しました。
その後もメンテナンスのためにひと月に1回のペースで通院していますが、薬の類には一切世話になることもなく、心身ともに快調で、何事も前向きに取り組めるようになりました。
通院一年を過ぎても先生の行う施術は相変わらず不思議です。
があくまで自分を治すのは自分自身であるということを毎回自覚させて頂いてます。
今では佐々木先生という最強の助っ人に出会えたということで坐骨神経痛になったことはラッキーだったとさえ思えます。

Q3.これから来院くださる方へメッセージ
原因がわからない痛みでお困りの方は相談してみてください。先生の治療はもちろん、自分自身の力にも驚かされるはずです。
人生変わります。

T.Uさん 男性 37歳 富士見市 お仕事(自動車整備 )

※患者さんの感想であり、効果効能を保障するものではありません。

他院の診察券を提示で割引

本当に改善したいと強く願う 方はご相談ください。ご予約の前に必ずこちらを確認下さい

一般的に言われている脊柱管狭窄症の原因は?

加齢からくる背骨の変形で脊髄神経が圧迫を受けて発症

脊柱管狭窄症は背骨の後ろ側にある脊髄神経が通るトンネルで、特に加齢にともない、背骨の変形、椎間板の膨らみ、じん帯の肥厚などによって狭くなり、脊髄神経が圧迫を受け脊柱管狭窄症が発症すると言われています。

主な症状は、片足、両足の痛みやシビレ感、排尿障害、長く歩けず歩いては休んでを繰り返す間欠性跛行(かんけつせいはこう)などです。

142567207.jpg

あなたは今まで整形外科、整骨院、マッサージ院でこんな施術を受けてきたのではないですか?

その場だけ楽に感じる対症療法による施術や手術

①薬物療法、②ブロック注射、③けん引療法、④手術、⑤電気療法、⑥温熱療法、⑦患部へのマッサージ、⑧骨盤矯正、⑨ハリ治療

そもそも脊椎管狭窄症の本当の原因は?

酸素欠乏などによる回復機能の異常、「はたらき」の低下です。

そもそも脊椎管狭窄症は簡単に言うと、筋肉の酸素が不足(酸欠)しやすくなるくらいに回復機能力が異常をきたし、回復力低下、「はたらき」の低下を起こした状態の人がなります。

ですから、足がシビレ、痛みが出て歩けなくなった時に、しゃがんで休むと、また、歩けるようになるのです。画像診断で脊柱管狭窄があるからといって必ずしも症状が出るとは限らず、逆に異常は認められなくても、間欠性跛行などと同じような症状が出る事もあります。

実際、40歳以上の成人の3~4割程度に脊柱管の狭窄が認められます。ということは、脊柱管の狭窄が必ずしも症状の原因になっているとは限らないのです実際は、背骨や骨盤の関節の微妙な動きが障害されことによって筋肉の緊張・体のバランス・血流・リンパ液・脳脊髄液などの「はたらき」に異常をきたし症状が出ていることが多いです。

 

 「痛み画像」の画像検索結果

 

では、なぜ当院の施術で脊柱管狭窄症が改善するのか?

からだの「はたらき」の異常を改善させるからです

当院では、病名に対する治療、症状を追う治療、症状を消す治療ではなく、根本原因を施術します。痛み、症状はバロメーターに過ぎず、つまり、主役ではなく、根本が元気になればそれに応じて痛み、症状は回復していきます。その根本を特殊な検査法を用いて、腰痛、しびれの原因となる身体の「はたらき」の異常を見つけます。腎臓、肝臓の疲れも腰痛と非常に関係がありますのでときにはご自身が意識していないような原因が見つかるかもしれません。ですが、あなたの身体は本当の原因をしっかりと伝えてくれます。その「原因」を施術して全身をバランス良く整えていきます。脳、関節、筋肉、内臓、背骨、骨盤などすべてにアプローチします。同じような症状でも原因は1人ひとり違います。痛い所だけへの対症療法ではなく根本原因を施術することで他では治らなかった症状が回復していくことが多いです。

※うつ伏せがつらい人は椅子に腰かけて治療できますのでご安心ください。

 

 

 

 

不妊症専門 整体院 花葉 〜 HANAHA 〜 院長 こどものけんこう協会 代表理事 中野 智彰 先生 

薬やマッサージでも症状をごまかせなくなっている方。体は本当に悲鳴を上げています。

あなたも、今の症状以上に、将来への不安があるのではないでしょうか?

そんなあなたは、心の中では健康に気を使えば改善できるのではと思っているはずです。 佐々木先生の施術やカウンセリングは、回復力を高め、状態を向上させ、もっと自分らしく生きていけるような心身のバランスの向上ができます。 心、体、魂のバランスを保てる施術や、自然との調和がとれるような思考、体の使い方のアドバイスをしてくれます。

そして、心理カウンセリングによる不安の解消も得意としています。 そろそろ、身体の不調からの解放され、自分らしく生き生きと過ごせる人生を手に入れてください。

1人で悩んでいる時間がもったいないです。勇気がいると思いますが、一歩踏み出して佐々木先生を訪ねてみて下さい。

大丈夫です!ご自身が変わろうとして行動すれが、きっと上手くいきます!

愛媛県松山市 鍼灸整骨院「めぐる」 院長 谷口一也先生

福整骨院では体の痛みや不調の原因の根本的な原因を施術して自然治癒力 によって体を健康な状態へと改善していきます。

佐々木先生は勉強熱心で勉強会やセミナーなどの参加で常に最新の技術を取得しております。

どこに行っても良くならなかった方に福整骨院をお勧めします。

〜 脊柱管狭窄症に悩む方へ院長から のメッセージ 〜

あなたが元気になるためには、医師から告げられた病名は関係ありません。ですから、これまで告げられた病名は右から左に流してください。病名によって治療方法を変える必要はないからです。大事なことは、今より元気になることです。

今までのように腰痛、しびれに対して患部を刺激して感覚をぼかしてその時だけラクに感じるだけで治らない施術で貴重なあなたの時間を損失したままで良いのか、それとも、保険証は使えないけどしっかり検査して全身を施術して早く元気になって快適に生活するのか。それは、あなた次第です。腰痛、しびれで家事、育児が苦痛なあなた、仕事が苦痛なあなた、練習ができないアスリートのあなた、余暇を楽しめないシルバー世代のあなた、もう大丈夫です!当院が全力で施術します。できなかったコトができるようになる施術で元気になって損失した時間を取り戻しましょう!

他院の診察券を提示で割引

本当に改善したいと強く願う 方はご相談ください。ご予約の前に必ずこちらを確認下さい

当院へのアクセス

住所:〒356-0003 埼玉県ふじみ野市大原1丁目1-11
受付時間:9:00〜19:00(土曜:9:00〜16:00)
定休日:木・日・祝
TEL:049-269-1196

お車の方は当院の裏にサンドラッグさんのコインパーキングがあります。そこに停めてください。受付でコインパーキングに停めました、と言っていただけますと駐車代金200円までキャッシュバックします。