起立性調節障害

起立性調節障害

起立性調節障害の改善

起立性調節障害

 

 

 

このような症状でお悩みでありませんか?

  • 体のだるさ、気持ちが悪い、睡眠障害がある
  • 病院で起立性調節障害と診断され投薬治療は続けているものの変化がない
  • 頭痛、ふらつきがあり学校に行けていない
  • 朝は調子が悪く起きられない
  • 動悸、息切れがする

 

起立性調節障害

循環器系の障害として捉えられており人によりさまざまな症状が現れます。血液による酸素と栄養の供給が悪いため、疲れやすく疲れからの回復が遅れます小学生、中学生、高校生くらいの年代の子供にみられます。現在の医学でこれといった原因は不明ですがその多くは自律神経の問題とされています。

血液の循環の問題で脳に上手く酸素や栄養が運ばれていないため、立ちくらみやふらつきが起きます。

その調整をしているのが自律神経になります。

 

 

起立性調節障害の症状

朝起きれない、頭痛、腹痛、めまい、生理痛、睡眠障害、不眠症、胃腸の弱さ、疲労感、肩こり、すぐに疲労を感じる、呼吸が浅いなど様々です。

起立性調節障害の原因

  • 自律神経の調節の問題
  • 本人の意思の問題
  • 親の問題
  • 脳脊髄液の問題
  • ワクチンの副作用

起立性調節障害は改善できるのか?

これまでの実績から起立性調節障害へのアプローチが明確になってきています。

当院では、病名に対する治療、症状を追う治療、症状を消す治療ではなく、根本原因を施術します。痛み、症状はバロメーターに過ぎず、つまり、主役ではなく、根本が元気になればそれに応じて痛み、症状は回復していきます。その根本を特殊な検査法を用いて身体の「はたらき」の異常を見つけます。腎臓、肝臓の疲れも起立性調節障害と非常に関係がありますのでときにはご自身が意識していないような原因が見つかるかもしれません。ですが、あなたの身体は本当の原因をしっかりと伝えてくれます。その「原因」を施術して全身をバランス良く整えていきます。脳、関節、筋肉、内臓、背骨、骨盤などすべてにアプローチします。同じような症状でも原因は1人ひとり違います。痛い所だけへの対症療法ではなく根本原因を施術することで他では治らなかった症状が回復していくことが多いです。

※うつ伏せがつらい人は椅子に腰かけて治療できますのでご安心ください。