もみほぐしでは変わらない

 

ももほぐしは気持ちがいいですよね?

気持ちが良い=リラクゼーション

つまりは、

慰安です❗️

慰安では根本的な回復は望めない

体は膨張していると不調になります。そして、その時、揉まれると気持ちが良いのです。

もみほぐし

ほとんど知られていませんが、実は、肩こり腰痛で、マッサージ、もみほぐしをしても筋肉は柔らかくなるどころかますます硬くなるだけです。「えっ!?」と思われた方もいるかもしれません。でも揉んだらだめなんです。
それはなぜでしょうか?

簡単にご説明しますね。筋肉は細かい繊維の集まりです。その繊維をマッサージでグイグイ指圧していくと、筋繊維がキズつき、筋肉の毛細血管が切れます。

繊維がキズつき血管が切れる事で内出血がおこり、筋を痛めていきます。そこにまた揉んだり指圧をして刺激を加える事と、脳からの指令で体を守ろうと筋肉が収縮し硬くなり、防御反応が起こります。

その結果、刺激を繰り返し受けた筋肉は、瘢痕化(筋肉に血マメのようなものができた状態)が起こり、「しこり」となります。

そして、ここから肩こりの「慢性化」が始まります。これが肩こりの正体なのです。(肩こり症の人でマッサージが好きな人の筋肉は硬いですよね?)

この事に気がついたのが平成16年ごろでした。
それ以来、体の働きが良くなる整体を研究、現在に至ります。
私の整体は日々進化し、さらなる技術向上を目指して現在も毎月横浜で行われる我が流派の研修会に参加してアップデートしています。

痛みについて

痛み等の症状を消すことを求める、あるいは症状を消すことを目的にしている治療では一時的に解消の繰り返しで慢性的な疾患は治っていきません。

 

今の治療法に出逢う前までは痛みや症状をなるべくその場で取り除くことを目標に治療してきました。痛み、症状を消すことが治療だと考えていたのです。症状が軽い人はその治療でも治るのですが症状が重い方はすぐに再発し一時的な解消を繰り返していました。

 

症状、痛みを消すことにとらわれていたのです。

症状や痛みはバロメーターに過ぎず、大事なことは回復力を上げること。

回復するシステムの働きを良くすることです。つまり、主役は回復力なんです。

 

 

例えば、痛みについては痛みという警報を出すことで危険を回避するように、自分を守るために休養したり安静にすることで生体は回復を図ろうとします。

「痛みは身体からのサイン、敵ではなくてあなたの味方ですよ」という考えをお話しすることも必要ですし、ご理解いただけた人は実際に早期に痛みから解放されやすいのです。

動物ならエサも食べないで2,3日動かないで回復を図ろうとします。食べる事は回復を遅らせるからです。食べない方が治す方にエネルギーを使えるので回復が早まります。

 

 

1.健康のために

 

生体というのは自分で治ろうという回復力を持っています。それを知らずに病気になったら治してもらえばいいという気持ちではいけません。自分の体をよく知ったうえで自分ではどうにもならない病気に対する手助け的な役割として治療家が必要になってくる、ということを理解するべきです。

2.心と健康について

病気になっても治りやすい人、治りにく人がいます。病気を治すのは、すべて脳です。心に不安感を持っている人は身体の中枢でコントロールしている脳が常に疲れ果てています。こういう状態の時は治癒能力が低下しているので身体は治りにくくなっています。どんなに体調が悪くても心の安定している人は驚くほどの回復力を見せるものです。

常に心の明るさを失わないことが重要です。

3.磁気,電磁波について

今、いろいろな健康器具が売られていますがその中でも特に有害なものは磁気の入っているものです。これらのものを身につけると神経系に乱れが生じます。磁気のネックレスをした時は身体が重くなります。はずすと同時にスーっと軽くなるのがわかりっます。

 

電磁波は我々の生活範囲のいたるところで使われています。携帯電話、電子レンジ、スマートウォツチ・・・パソコンの使用によって目や身体が疲れたり頭痛がしたりといった経緯はありっませんか?

これは電磁波による影響が大きいのです。現代社会を見渡すとこのように便利なものがたくさんあるいっぽうで、健康を害するものを数多くあるということです。

4.食品添加物について

毎日口にする食事は添加物の少ないものを摂るようにしましょう。化学調味料、保存料、PH調整剤、酸化防止剤、合成ビタミンC、人工着色料数えあげたらキリがありません。最近の食品で添加物の入っていなにものを探すのは難しいくらい肉、魚、野菜、麺類、パン、お菓子と、どれをとっても添加物が入っているのに驚きです。このような食品は身体と脳を疲弊させる物質になっています。こんな環境で生活しているのだからしょうがないと思わないでください。

例えば野菜ならよーく洗って農薬を落としてから食べるとか、パンならPH調整剤や合成保存料など何も入っていないものなど売られていますのでよく見極めて買うことです。病気になることを覚悟の上なら添加物を気にせず食べるのも良いでしょうが、もし、健康を望むなら自身の努力が必要だと思います。

自身の治癒力を高め病気になりにくい身体を目指しましょう。

 

1,2,3,4は師匠の著書「気の治療学」から引用