食道列孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニアとは?

食道裂孔ヘルニア(しょくどうれっこうヘルニア, hiatal hernia)とは、元来腹腔内にあり、食道裂孔よりも挙上するべきでないの一部が、胸腔内へ逸脱した病態を指す。逆流性食道炎(あるいは胃食道逆流症 : gastro-espphageal reflux disease; GERD)を引き起こすことがある。

(出典:ウィキペディア)

 

症状

食道列孔ヘルニアは症状が出ない場合が多いのですが、胃酸が食道に逆流しやすい状態になっているため、胸やけ呑酸(どんさん)などが症状として現れることがあります。ただし、飛び出した胃や食道が横隔膜に締め付けられてしまっているような場合は、食べ物がつかえる感じや胸のあたりが強く痛むことがあります。

原因

ほとんどの場合、腹圧が上がって胃が押し上げられてしまうことが原因です。腹圧は、肥満や妊娠、喫煙、腹水、気管喘息(きかんしぜんそく)など慢性的なセキ症状などで上がることが多いようです。加齢により横隔膜の穴がゆるく、食道列孔ヘルニアが起こりやすい人もいます。

生活習慣

胃酸が食道に逆流してしまう場合は、食事の量を抑えたり、脂質や肉を食べすぎないように気をつけましょう。

何年も続く 胃もたれ、食欲不振、吐き気、ガスがたまる、腹痛、食あたり、嚥下(えんげ)困難なども改善されている方が多いです。

逆流性食道炎の原因の一つ 横隔膜裂孔ヘルニア(食道裂孔ヘルニア)

横隔膜裂孔ヘルニア

食道が横隔膜を貫通するところで、胃の一部が横隔膜の上にはみ出ることで発症します。

胃の具合の悪い方の2、3人に1人はこの傾向にあります。