逆流性食道炎

発症メカニズムと現状

 

食道との接合部には、食道内に胃内容物が逆流することのないよう、下部食道括約筋(LES)などの流防止機構がある。しかし、加齢による下部食道括約筋の働きの低下と食道自体のぜん動運動と唾液の減少[2]食道裂孔ヘルニアによる逆流防止機構の破壊、一過性LES弛緩、腹圧の上昇による胃内圧の上昇などの要因により、胃食道逆流をきたしやすくなる。日本では、食事生活習慣の欧米化及びヘリコバクター・ピロリ菌感染者の減少に伴い増加傾向にある。1970年代後半には、逆流性食道炎の頻度は1.6%~2.9%であったが、1990年代後半に至り16.3%に増加した。内視鏡検査では異常のない症候性GERDも逆流性食道炎と同等に存在することから、胃食道逆流症は30%前後の高い頻度でみられるありふれた疾患となっている[1]。かつては高齢者に多かった病気だったが、近年は年齢にかかわりなく増加している[2]

食事・生活様式は胃食道逆流症と深く関わっている。炎症を悪化させる食べ物に高脂肪食をはじめ、アルコールコーヒー炭酸飲料、柑橘系ジュース、玉ねぎチョコレートあん饅頭香辛料などが挙げられる。脂肪分の多い食べ物はは消化に負担がかかることから、コレシストキニンという脂肪の消化に関わるホルモン物質が大量に分泌され、下部食道括約筋を弛緩させ胃液を逆流しやすくする。予防や治療的観点からはこれらの食べ物を避けることも重要である。喫煙もLES圧を低下させ、胃食道逆流症の増悪因子となる。前屈位などの体位や、食後すぐに横になることなどは腹圧の上昇を招き、逆流の原因、増悪因子となる。反対に就寝時の上半身挙上は、胃酸逆流を抑制させるため有効な治療法ともなる[2][1]

〈出典:ウィキペディア〉

こんな症状でお悩みでありませんか?

  • 胸やけ、みぞおちや上胸部痛などが起こる
  • 食事中・後、横になったとき、前屈したときにノドや口に胃酸が逆流する
  • 腹部膨満感
  • ノドの違和感、声のかすれ
  • 腹部違和感、不快感
  • 食物による食道痛
  • 嘔吐・多くは過度のげっぷを伴う

逆流性食道炎は改善できるのか?

これまでの実績から逆流性食道炎へのアプローチが明確になってきています。

当院では、病名に対する治療、症状を追う治療、症状を消す治療ではなく、根本原因を施術します。痛み、症状はバロメーターに過ぎず、つまり、主役ではなく、根本が元気になればそれに応じて痛み、症状は回復していきます。その根本を特殊な検査法を用いて身体の「はたらき」の異常を見つけます。腎臓、肝臓の疲れも逆流性食道炎と非常に関係がありますのでときにはご自身が意識していないような原因が見つかるかもしれません。ですが、あなたの身体は本当の原因をしっかりと伝えてくれます。その「原因」を施術して全身をバランス良く整えていきます。脳、関節、筋肉、内臓、背骨、骨盤などすべてにアプローチします。同じような症状でも原因は1人ひとり違います。痛い所だけへの対症療法ではなく根本原因を施術することで他では治らなかった症状が回復していくことが多いです。

※うつ伏せがつらい人は椅子に腰かけて治療できますのでご安心ください。